独学で中小企業診断士を目指す!!中堅SEの挑戦...!!

中小企業診断士を独学で目指していた社会人5年目SEのブログ
通信講座(診断士ゼミナールレボ)と市販のテキスト(TACのスピテキ、スピ問)で勉強をしていました。

2016年の9月から勉強スタート!
2017年の一次試験突破を目指します!⇒勉強不足により4科目受験へシフト(2017年5月)⇒なんだかんだあって転職活動&別の勉強をスタート(2018年4月)

中小企業診断士の資格は諦めていない・・・!!

主に中小企業診断士の勉強の進捗状況と勉強方法を書いてます
たまに読んだ書籍の紹介と雑談もつらつら
みなさんと情報の共有や雑談でやり取りしていきたいです
使用しているレボについての紹介はこちら!!
気になる評判・口コミはこちら!!

メモです。


効果が出るビジュアライゼーション


ビジュアライゼーションとは、わかり易く言い換えると「イメトレ」です。

「イメージトレーニングは大事だ~~」とよく耳にしますが、良い結果を残せるイメトレと、逆に悪い結果につながるイメトレがあります。

「ビジュアライゼーション」「イメトレ」で検索すると多くの記事が出てきます。

多いからこそ、簡潔にメモを。(情報過多も考え物ですね)


アメリカの学生で行われた実験

詳細は省きます。

テストを行う学生を2グループにわけます。

1.テストで良い結果を残す、受かる、成功する、という結果のみを想像するグループ

2.テストまでの過程、テスト中の過程と、成功した後を想像するグループ



結果
2.の過程をビジュアライゼーションしたグループのほうが、勉強の集中力、本番での集中力が高まり、試験への不安も減りやすかった。
結果が良かった


1.では、自分が良い結果を残す姿を想像して満足してしまい、勉強にも、本番でも集中力が続かなかった。さらに、失敗したらどうしようということを感がるようにもなってしまい、不安感が増してしまった。


終わり。


ビジュアライゼーション(イメージトレーニング)は、「過程」に注力すべき。

メモです。ちょくちょく修正して、いつの日か、より文章らしくします。

相手と信頼関係を築くための正しい自己開示



自分の考えや話をすると、「返報性の原理」が働き、相手も自身の考えや話をしてくれるようになる。

お互いの情報をお互いが握りあうということは、お互いを知る、ということになり、信頼に繋がる。

信頼関係の構築において、大事なのは

1.相手からプライベートを引き出すこと
2.自分のことを分かってほしい、ではなく相手の話を引き出すための自己開示を行うこと



私の趣味は〇〇です、休日は〇〇してます、仕事は〇〇です、といった表面的な自己開示は信頼関係構築のために最適な自己開示となりえない。

より深い人間性を引き出させることが重要となる。


(男女関係でも、相手が自己開示をしないから、お互いに信頼関係が減っていき不安になる。)



以下のテーマで記載していく

・SNS(テキスト)は最強の信頼構築ツール
・裏切り
・占い師を信じてしまう心理
・失敗しない自己開示のテーマ1~10



 SNS(テキスト)は最強の信頼構築ツール


~出会い系サイトの研究~

テーマ
『裏切りを防ぐには何が良いか』『いかに仲間意識を高めるか』

以下の3つから、他人とやり取りしたときにどれが最も親密度が高いと感じられるか実験

1.直接会話(現実で対面)
2.Webカメラで会話(現実で対面はしない)
3.テキストのみ(メール)


結果として、親密度が最も高くなったのは3.テキストのみ(メール)

テキストではボディランゲージ等々がないため、勘違いを防ぐため相手に伝わる文章を無意識・意識的に作るようになる。

何回も書き直すことが、自分の言いたいことや、最も伝えたいこと等をちゃんと書けるようになる。

テキストを送る側のメリット
⇒自分の意見をちゃんと整理できる

テキストを受け取る側のメリット
⇒相手の意見を、対面とは違って誤解しないで聞けるようになる


つまり、伝えたいことはテキストベースで伝えると良い。



しかし、文章の力を信じてない人がいる・・・。

信じていない人を例に挙げると、
部下の話を途中でさえぎってしまう先輩・上司

⇒偉い人やナルシストな方は大体人の話をさえぎってしまう



しかし、テキストベース(SNS)だと上記(話のさえぎり)が起きない


 裏切り


裏切りは信頼関係がないときに起きる


人は、自分を助けた人を裏切れない。ビジネスだったら利害関係があると裏切れない。

つまり、親密さを高めていくことが大事。そのために有効な自己開示をしていく。

ちなみに、「裏切られた」と思うのは自分であり、相手は別に裏切ったという意識・感覚がないケースがほとんど・・・。



裏切りとは、「お互いの勘違い」「意見のすれ違い」から生じる

上司にありがちな「できると思ってたのに任せたのに、期待を裏切られた」という原因は、

「相手の意見を聞かなかった」や「誤解」から生じている。


上司は「顔を合わせたから大丈夫だろう」と自分で思い込んでる。

つまり、顔を合わせることは、誤解しないように見えるだけ。(錯覚)


テキストベースの方が自分の話をする量も増える

会社・上司の話はここまで。




自己開示では、対面では話しづらく、かつ大っぴらには話さない内容を話すと良い。

ありのままに伝えるのが大事

自己開示を偽ることが一番ダメ。
自分が偽った内容を話すと、相手から聞いた内容も偽っているのではないかと思ってしまい、自分が他人を信じられなくなってしまう。


人は話を盛っちゃいがちだが、ありのままに話すことを意識しよう。



 占い師を信じてしまう心理

人は、ある人を信頼すると、その人を良い人と思い込みたくなる。

占い師の場合、自分の親戚でもなんでもない関係であるため、ありのまま全てを喋れる。

つまり、「最高の自己開示が行える」こととなる。

自己開示をすると、した側は相手を信頼するようになってしまい「この人がいっていることが全部~~なんだ」と肯定的にとらえる。


占い師の例から、より良い自己開示の方法は、上記したが、「普通話さないプライベートな話をありのままに話すこと」であるということが理解できる。


では、一体どういうテーマを自己開示すると一番信頼関係ができるのか。


 失敗しない自己開示のテーマ1~10


プラスの面とマイナスの面を引き出す(自分から話す)と良い。

以下のテーマの中からいくつか、自分が話せるモノを選ぶと良い。

またあくまで、相手に話させることを忘れずに。

1.お金や健康に関する心配事

相手と同じ心配事があると、一気に仲良くなる。


2.自分がイライラしちゃうこと

何が許せないか、何が気に障るか。

義憤(正義、こだわり)によるイライラを話す。


3.人生で幸福になれること、自分が楽しくなれること

ちょっとハマっていることではなく、「人生」において自分が幸福・楽しさを感じられること。


4.自分が改善したいこと

生活を変えたい、収入を変えたい、性格、スキル等々

将来設計の話にもつながり、深い話になりやすい。

さらに、その内容に対し自分が助けられるところがあると、長期的な利害関係も築きやすい。
(⇒裏切られない)


5.自分の夢や目標や野望

自分が稼ぎたいから、という夢・目標は良くない

ここでは向上心がアピールできることが良い。

夢を語る人の方が助けを得やすいという実験もある。

また、もてる人の条件では「可能性が感じさせる」ことが大事。

投資家は「実績がある人」「将来の可能性がある人」、この2つのうち、どちらに投資するかというと「将来の可能性」のほうを投資するらしい。

⇒これからどんなすごいことをするかを見せることが大事となる。

また、何を目指しているのか、とか、他人に夢を話すのはとても楽しいことでもある。


6.自分の性生活に関すること

これは難しい。タイミングを見て、さわやかに。露骨な話ではなく。ユーモアを混ぜて。。。


7.自分の弱点、マイナス面

助けてほしいことや、自分の弱みを見せる、話す。

人は弱みがあるほうが魅力的となる。

自分の弱みを認める人は「強い人」「大人な人」と見られる
(隠したら弱い人)


8.怒ってしまう出来事

2.のイライラよりも深い内容


9.自分の趣味や興味

長く続いている趣味や、一緒にやっていきたい趣味・興味

表面的なものではなく、なぜそれが趣味なのか、きっかけはなんだったのか


10.恥ずかしかった体験や、罪悪感があったできごと

恥ずかしいことは人間味を感じやす。

特に、年下、後輩に話すと、「失敗を乗り越えた人」「人の痛みをわかる人」と思われる。
⇒優しい人と思われる
⇒人間性に魅力を感じる。


おわり。

・上記の10テーマからいくつか選び、すぐに話せる用意・練習をしておく
・話のテーマは自分3割、相手7割で話させるように
・深い話となるように意識する


1.お金や健康に関する心配事
2.自分がイライラしちゃうこと
3.人生で幸福になれること、自分が楽しくなれること
4.自分が改善したいこと
5.自分の夢や目標や野望
6.自分の性生活に関すること
7.自分の弱点、マイナス面
8.怒ってしまう出来事
9.自分の趣味や興味
10.恥ずかしかった体験や、罪悪感があったできごと

↑この10テーマをコピってメモ帳か何かへ貼ると良いと思います。

転職する~!と言ってから早4か月・・・。

自分の動きの遅さに自己嫌悪・・・。

「仕事が忙しい」といって正当化しています。

認知的不協和ですね~。

そんな中、ここ数日で3件ほど転職のお誘いが舞い込んできました。

もちろん転職サイトではなく、ダイレクトに。

一つはIT界では知らない人はいないグローバルITコンサルタント企業
一つは超ベンチャー企業
一つはIT×〇〇の、これも一応ベンチャー企業


最近よく聞くのは、4~6年目の社員はどこも欲しがる、というお話。

といっても、それは同じ業界内でのお話。

理由は単純で、そこそこの経験をしている&役職者じゃない人が多いから、だそうです。

つまり、手を動かせる即戦力なりえるから、ということだそうです。


さて、他業界へ飛び込んでみるか、堅実にステップアップするか。

面白さを取るか、給料を取るか、



今の金融SEは楽しい。

色々覚えてきて、さらに勉強も続けていて、同年代だとトップレベルの知識・技術はあるんじゃないかなぁと思っている。

(自己評価が高い人って、実際には自分が思っているランクより少し下になるらしいので、全然トップレベルではないのだろうが)




さてさて、このタイミング、見送るか、飛び込むか・・・・。






自分、ブログ、書き直しとかしないので、Twitterでの投稿の延長みたいな形になっているなぁ。

頭で感がえていること、思っていることを分かりやすく組み立てて書けない。

練習しようかな~~。

こんにちは!雑談です!

5/13は母の日ですね。

今年は家に帰れないので、先月前半にネットでイイ感じのフラワーギフトをオーダーしました。

13日に届くかな~と思ったら12日に届いたらしく、朝母からLINEで「ありがとう♡」をいただきました。

毎年花をプレゼントしてますが、うちの母、めちゃくちゃ花が好きで、実家の庭は季節ごとに花を植え替えて育て、家の中にもいくつかのフラワー様が花瓶に活けられています。


なんか、歳をとるにつれて両親が可愛いと思えるようになりました。

なんでだろうな~と考えましたが、悲しい理由もあるみたいですね・・・。


次は、おでこがどんどん広くなっている父へ、何をプレゼントしようか考え中・・・。




さて!
NHK職員が来ましたよ!

とうとう来たか~と思いましたが、私はテレビを持っておらず、その他の機器も放送受信できるものがないため、どん!と構えました。


NHK職員はまず、名乗りませんでした(笑)

ドア開けた時点で、「ここにサインお願いします」と言われ、誰ですか?を3回くらい聞いてようやくNHKです、と言ってきました。

NHKは「今日は代金回収とかではないので、とりあえずここにサインを書いてください」とのこと。


今書いて思い出し怒りがこみあげますね(笑)

サインが必要な紙が一体何なのか、一切言わないんですよ。

「代金回収ではない」「これだけで終わり」をずーっと急いだ様子で言ってました。

で、私が「これ書いたら契約したことになるんですか?」と聞いて、やっと「そうです」とのこと。


多分営業の(詐欺師も使うような)技なんでしょう。

オレオレの詐欺師って、「やばいよやばいよ。会社の車で人をひいてしまったよ」みたいな内容を、急いだ口調&焦った口調で言うらしいです。

それを聞くと、聞いている側も焦ってしまい、冷静になれず、正常な判断ができなくなるそうです。


急いだ様子で、お金は絡まないみたいな事(代金回収ではない)を伝え、ここ書けば終わり、書いて書いて書いて、と迫られ、私はバカなので書いてしまいそうでした。


そこで私が「テレビ持ってないです」と伝えたところ、「放送受信ができれば、契約は必須なんです」とのこと。

“テレビを持ってなくても契約が必要”みたいなことを言ってきまして、決まりだからサインを書いて~とのこと。

去年だったか、ワンセグが使える携帯があれば、テレビがなくても契約が必要、という裁判の判決があったことは知ってましたが、そういうこともNHK様は言わず、「テレビの有無は関係ない。契約は決まり、義務、という“感じ”を伝えてきます。


なので、私は「放送受信できるかわかりません」(テレビとかこの部屋で見たことないし)と伝えると、NHK様は「テレビはお持ちではないですか?」とのこと。

さっき言ったじゃん!!!!と思いながら、超面倒だったので、「部屋に入って確認してください」と何度か言いましたが、入りませんでした。


その後、携帯を確認させろ、車は持っているか、デスクトップ・ノートPCはあるか、等々聞いてきます。

携帯は「ワンセグが使えるか」
車は「カーナビがついているか(テレビが見られるか)」
デスクトップ・ノートPCは「テレビチューナーがついているか」

ってことみたいです。


私は携帯も持ってきて型番を見せると、型番からワンセグ機能があるかどうか確認できるらしく、調べ始めました。

結果、ワンセグ機能はなし。

車は持ってないが、PCはある、というとテレビが見られるチューナーがあるかどうか聞いてきました。

「だから入って確認してください!」と言いましたが、拒否されました。

その後、使わなくなっテレビをどこかに閉まっていないか、とも聞いてきました。超面倒でした。

「だから入って確認してください!」と言いましたが、拒否されました。

その後、タブレットは持ってないか、とも聞いてきました。

「持ってません。入って確認してください!」と言いましたが、拒否されました。



もうフラストレーションがたまります。

初めは名乗らず、急いだ様子で、説明は一切なく「サイン書いて」の一点張り。

その後は「あれは持ってないか」等の質問をして、「~~があれば契約が必要」を迫ってくる・・・。



とりあえず、しっかりと「契約の必要はない」と向こうに言わせて終わりました。



NHK職員が帰った後に、ちょっと調べたら、NHK職員を装った強盗犯も過去にいたようですね。

あとは、「ワンセグやカーナビ、パソコンが受信設備はNHKの一方的な主張。放送の受信を目的にしない受信設備のみ設置の場合は契約不要。」らしいです。(今はどうだかわかりませんが)

https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1439974334

↑のヤフー知恵袋のkesu_yoさんの回答が詳しいです。


今回は私から「入れよ」と言いましたが、NHK職員の要望から家に入って確認等は当然できないので、「持ってない・見れない・見たことない」の一点張りで良かったみたいですね。

あとは、本当にNHK職員かもわからないので、ドアを開けないのが良いです。

居座られた場合も、上記知恵袋に書いてある通りの対応をすれば良さそうです。


NHK職員は名乗らないので、ドア越しに「誰ですか~何ですか~」を聞いて、「NHKです~」と言われたら後は「何も持ってません~」でOKですね。




今後携帯を買い替える時も、ワンセグ機能がないやつにしよーっと。

↑このページのトップヘ