IMG_20180306_205604


転職をするための準備をしています。

その中で昨日、「20答法」という心理テストを行いました。

これ、なかなか、当たっている・・・。


やり方を簡単に説明すると、「自分自身についてを書いていく」というシンプルなものです。

私は誰か、どんな人か、を「私は・・・・」に続く形で、思いつくがままに書いていきます。

20個書きます。かつ、制限時間は5分以内です。

5分以内としていますが、とにかく早く、とにかく早く、思いつくがままに書きまくります。

必ず20個書いてください。5分をこえてしまっても、必ず20個書いてください。


今やってみてください。たった5分!人によってはそれよりも早く終わります!


さぁ!紙とペンを用意して、今やってください!!!


スマホのタイマーを5分にセットして!!


さぁ!今!!!ほんとに!!!

ほんとにやってみてほしい!!!








では、スタート!!!!












以下に何がわかるのか等の結果を書きますが、結果を読む前に実践してほしい!!












では、結果、というか、何がわかるか↓









まず、最初に書いた10個は「誰にでもわかるあなたのこと」または「そう見えるといいな、と望む、または見せていること」

「偽りのあなた」でもある。


11~15は、個人的背景。普段はあまり気づこうとしていないけれども、どこかで知っている深層心理。自分を表現する言葉。



そして16~20は、これ以上は考えつかない、もう出てこないと思った先に絞り出したこと

この絞り出した事柄こそが「自分の本質」です。または「無意識の欲求」「抑圧された悩み」です。




この心理チェックを行ったとき、たしかに後半はペースが落ち、絞り出すように書きだしました。

で、私が16~20に書いたことですが、

16.ひきこもり
17.ちょっとオタク
18.友達がいない
19.影響されやすい
20.泣き虫

でした。

比較的ネガティブワードが・・・。特に最後の3つなんて・・・。

一方1~10の「誰にでもわかるあなたのこと」「そう見えるといいな、と望む、または見せていること」は

1.めんどくさがり
2.適当
3.へたれ
4.飽き性
5.自己中
6.ネガティブ
7.ポジティブ
8.よく考える
9.集中力がない
10.おおざっぱ

という結果に。

この結果を見て思ったのは、確かに後半の雰囲気のように、実は暗めでうじうじ引きこもり系の性格が根本にはあります。昔は特にそうでした。

だけどそういう自分が嫌だったので、16歳くらいから(高校デビュー)徐々に見た目も態度も性格も、どっちかというと明るい、粗暴な、根本とは違う自分にしていこう、としてたなぁと。



だけど、やっぱり自分を大事にしようと思ったわけですよ!!!

つまり、「そういう自分が嫌だった」とか言わず、受け入れましょうと!!!

それで良いんだ!自分は自分だー!!!はぁ、なんか悲しい・・・。でも良いのだ・・・。



なんか、いろいろ考えてしまい、かつ、当たってるなぁと思ったので、みなさまにも、試してほしいな、と思った次第です。。。

私はひっそりと生きていくことにします。


11.コミュニケーション能力がある
12.面倒見が良い
13.後輩の男性には厳しい
14.後輩の女性には厳しくない
15.自己管理が苦手

11~15と、後半の本質を比べたときに、本質部分にネガティブ要素が多い場合、自分は自分で思っているよりもすごく自信がないタイプ。マイナスに考えやすいタイプ、だそうです。

そうですね。本当は、そうなんですよね・・・。