こんにちは
佐藤池田隼人です。うそです。アヒルのような大きな口をした人間です。うそです。

目標に向けてのスタートアップを始めます 。

試験の概要

日程試験科目配点試験時間
1日目
(土曜日)
A:経済学・経済政策100点10:00 ~ 11:00 (60分)
B:財務・会計100点11:30 ~ 12:30 (60分)
C:企業経営理論100点13:30 ~ 15:00 (90分)
D:運営管理
( オペレーション・マネジメント )
100点15:30 ~ 17:00 (90分)
2日目
(日曜日)
E:経営法務100点10:00 ~ 11:00 (60分)
F:経営情報システム100点11:30 ~ 12:30 (60分)
G:中小企業経営・中小企業政策100点13:30 ~ 15:00 (90分)

受験料は13,000 円

合格率は20%いかない程度

で、各60%以上の点数(相対)を取得して一時は合格です。

一科目でも40%(相対)の得点をとってしまったら終わりです。

皆さんもご存じのとおり範囲が広いですよね。

経済学から企業政策、経営理論と。

しかしこれらをマスターすれば中小企業診断士になれるんです。
それだけです。
それだけでやる気になれます。

人それぞれのモチベーションの保ち方、あげ方はあると思いますので、
自分がなぜ目指しているのかを考えておきましょう。

自分の場合は自己成長と社会的地位のステップアップ(語弊が少々ありますがご愛敬)
あとは金です。

幸いにも簿記の2級と下記の書籍、経済学についての本も一か月ほど前に読了しているので
経済学の入り口には立てていると思います。

大学4年間の経済学が10時間でざっと学べる

 
それ以外についてはテキストを読んでみないとわからないですね。
申し訳ないのですがまだ書店で当資格用のテキストを手にとっていないので 
詳しいことは記載できないです。

ネットですとどこでも「TAC、 TBC、ユーキャン...etc」が出てきますよね。
でも実際のところ自分に合うテキストは自分で読まなきゃわからないです。

簿記受験時にはネットで勧められていた書籍を何も考えずに購入しましたが自分には
合わず、結局別のテキストを購入しました。

あとは通信教育も考えています。

テキストのみでの独学よりは何倍もお金がかかってしまいますが、
例えば(例えですよ) 

■テキストver

費用10,000円
合格まで2年

■通信講座ver

費用100,000円
合格まで1年


 となると絶対通信講座のほうが良いと私は思うのです。
自己投資は将来への投資。

転職等々も一年早く行えるのです。
転職後の給料が現在勤めている会社より月1万以上高かったら
テキストverが転職したときには通信講座verのほうが2万以上多くの金を
得ているわけですよね。

金以外の要素で考えても初期コストを 抑えるよりも
スピードの速さを選択したほうが人生を考えたときには有利になると思います。
思いますってかそうなります。

しかし通信講座も同様にいくつもの会社で行っているので
じゃあ通信講座で勉強しようと思ってもまたもや情報収集に時間をかけなければいけません。

アヒルはまだ通信講座にすると決めたわけではありませんが、選択するとするならば

1.情報が多すぎない
2.質問した後のリプライが迅速
3.資格についての研究を行っている

上記の3つを重視したいかなーと思います。

まず1についてですが
網羅しようとしてすべてを掲載、それを理解するというのは時間がかかります。

2ついて
勉強時にわからないと思ったとき質問をし、一日後に回答を もらう
なんてのは嫌ですよね。そういうことっす。できるだけ早くもやもやを解消させてほしい

3について、
ないとは思いますが、ずっと同じテキストを提供しているような企業では嫌です。
要するに改定がほどんど行われていないやつってことっす
試験を研究し、傾向、トレンドを逃さない、また予測してくれる企業のほうが
安心して勉強に集中できると思います。

上記はあくまで私の見解ですので、「ほかにも、〇〇な観点も重要だと思う!」って意見があれば
ほしいです。まじでほしいです。



とりあえず!今週は書店(大きな書店といえばジュンク堂かな?)に行き
実際にテキストを手に取ること、
通信講座を提供している企業を調べ、自分に合うところを見つけようと思います!

以上! 


 
中小企業診断士試験をご検討の方、必見 

  
ネットで本を買うなら送料無料の「honto」で!電子書籍も国内最大級!  

 
資格書ならTAC出版の★CyberBookStore★ 

 
ビジネス書をお探しなら★CyberBookStore★ 
 
  
電子書籍サイト【ConTenDo|コンテン堂】  


アヒルの大量行進 - カテゴリー -

アヒルまさよしについて 
書籍関連
雑談
中小企業診断士